1. TOP
  2.  > 2つの学科
  3.  > 進化し続けるカリキュラム
  4.  > ソーシャルイノベーションとマインドフルネス

進化し続けるカリキュラム

ソーシャルイノベーションとマインドフルネス

2016年01月27日

我々がこれから迎える未来は、これまで蓄積されてきた知識や経験だけでは想像することが難しい(シラバス講義概要「学びの目的とゴール」より)

2016年BBT大学では、豪華なゲスト講師陣を迎え、未来社会を予測・創造する際に必須となるソーシャルイノベーションとマインドフルネスに関する講義を開発・開講いたしました。また、本ページより一部の動画を視聴頂けます。
SocialInnovationMindfullness2016

講義動画の視聴

第9回 伝統産業のソーシャルイノベーション(後半・一部) ゲスト: 株式会社和える 矢島里佳氏

SIM17_03_thumb.

第14回 ソーシャル・イノベーションとマイプロジェクト(前半・一部) ゲスト: 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘准教授 井上英之氏

SIM11_01_thumb

学びの目的とゴール

皆さんは、ソーシャル・イノベーションと聞いて、どのようなイメージを持つだろう。社会を劇的に変革するイノベーション、類稀な才能を有する天才が起こすイノベーションなど、もしかすると自分とは関係のない、遠い世界の話だと目を背ける人も多いだろう。

 しかし、近年、明らかになりつつあることは、これまで社会を変えてきたイノベーションの多くが、我々が思っているほど直線的に生まれているものではなく、また、論理的に導きだされたものではないということである。それはいいかえれば、左脳的ではなく、極めて右脳的な直観や感性に端を発したものだと理解することができる。また、そうした取り組みの多くが、与えられたものではなく、自分自身の生きてきた物語や経験といった内側から湧き出してくる想いに素直に向き合うことから始まり、多くの仲間との絶え間ない改善の繰り返しによって生まれている。

 本講義では、これからの社会を一人ひとりが創り出していくための視点を提供することを目指し、近年、注目を浴びるキーワード(コ・クリエーション、オープン・イノベーション、アイデアソン/ハッカソン、リーンスタートアップ、マインドフルネスなど)について学ぶとともに、実際にソーシャル・イノベーションに果敢にチャレンジする”think different”な実践者との対話を行う。 「今この瞬間」に向き合い、他者や社会を否定するのではなく、現実をあるがままに受け入れ、行動を起こしていく彼らの意思と行動力、発想に触れることでソーシャル・イノベーションを体感することを期待したい。(シラバス講義概要「学びの目的とゴール」より)

教員紹介

jun-suto-390x390

須藤 順

高知大学地域協働学部講師、株式会社CCL取締役。博士(経営経済学)、社会福祉士。
医療ソーシャルワーカーに従事後、医療関連施設の立ち上げと経営に参画。その後、中間支援機関においてコミュニティ/ソーシャルビジネスのコンサルティング、まちづくり/コミュニティデザイン支援、農商工連携/6次産業化等の支援を担当。2012年5月、株式会社CCL立ち上げに参画、2014年10月より現職。
専門は、社会的企業論/社会起業家論、コミュニティデザイン論、ソーシャルビジネス論。独立行政法人中小企業基盤整備機構 人材支援アドバイザー、BusiNest高成長ベンチャー・スタートアップ支援 メンター等。

suko-yoshihiko

須子 善彦

函館市出身。東京在住。慶應義塾大学SFC政策・メディア研究科 博士(政策・メディア)。専門はソーシャルサーチ、ソーシャルメディア、SNS、地域情報化・地域活性化、マイプロジェクト。
IPA未踏ソフトウェア創造事業にて「天才プログラマ・スーパークリエータ」認定。
著書『地域SNS最前線 Web2.0時代のまちおこし実践ガイド』(共著)。大学教員、社会起業ユナイテッドピープルCTOを経て現在は教育ベンチャーBADO株式会社を創業、代表取締役CEO。
Twitter: @scommunity

学習内容詳細

回数 学習内容 学習課題
1 オリエンテーション ・本講義の目的等の理解
・課題:「2040年の世界を想像する」
2 今日までのイノベーション(1) ・イノベーションの基本概念
・社会構造の変化を理解する
3 今日までのイノベーション(2) ・近年のイノベーションの議論を理解する
4 ソーシャルイノベーションとは? ・ソーシャル・イノベーションの概念を理解する
5 ソーシャル・イノベーションの事例(1) ・ソーシャル・イノベーションのケースを学ぶ
6 ソーシャル・イノベーションの事例(2) ・ソーシャル・イノベーションのケースを学ぶ
7 オープンイノベーションとは? ・オープンイノベーションの議論を理解する
8 コ・クリエーションの現場
ゲスト: 株式会社CCL取締役 原 亮 氏
・アイデアソン/ハッカソンについて理解する
・CivicTechの可能性について理解する
9 伝統産業のソーシャル・イノベーション
ゲスト:株式会社和える 矢島里佳氏
・伝統産業の活性化に向けたソーシャルイノベーションの実態を理解する
10 ”学び”を核にしたソーシャル・イノベーション
ゲスト:ハバタク株式会社 丑田 俊輔 氏
・「新しい学び」を創り出すハバタクのプロジェクトを理解する
・越境型人材の可能性を理解する
11 ジブンゴトから始まるソーシャル・イノベーション
ゲスト:こどもみらい探求社 小笠原舞氏・小竹めぐみ氏、株式会社Join for Kaigo 秋本可愛氏
・保育/介護/家族支援領域でのソーシャルイノベーションの実態を学ぶ
・ソーシャルイノベーションの原体験を共有する
12 マインドフルネスとは? ・保育/介護/家族支援領域でのソーシャルイノベーションの実態を学ぶ
・ソーシャルイノベーションの原体験を共有する
13 「ソーシャル・イノベーションとマイプロジェクト」
対談: 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘准教授 井上英之氏、BBT大学 講師 須子善彦氏
・マイプロジェクトの考え方を理解する
・自分と社会を繋げるマイプロジェクトの本質を理解する
14 「ソーシャル・イノベーションとマインドフルネス」
対談: 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘准教授 井上英之氏、BBT大学 講師 須子善彦氏
・マイプロジェクトの持つ可能性を理解する
15 まとめ