1. TOP
  2.  > 2つの学科
  3.  > 進化し続けるカリキュラム
  4.  > マーケティング基礎

進化し続けるカリキュラム

マーケティング基礎

2016年01月27日
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr

本科目は、実務の視点からマーケティングのエッセンスを抽出した全15回の講義で構成され、“今すぐ現場で実践できるマーケティングの力”を体得できるように設計されている。最大の特徴は、ロジカルな技術とクリエイティブな技術を組み合わせた実践型マーケティングになっていることにある。

前半のロジカル編では、マーケティングプランの作り方を学び、新商品・新サービスを立ち上げる企画書を作成できるようになる。後半のクリエイティブ編では、マーケティングコンテンツの作り方を学び、企画した新商品・新サービスをビジュアル化した広告コンテンツを制作できるようになる。ロジカルな検討とクリエイティブな検討を繰り返すことで、リアリティのあるマーケティングを実践する。

この学びを実現するため、本科目では、講師から発表されるテーマに基づいて新規事業の企画を提案するというグループワークを基本とする。講師によるオンライン講義に沿って各回のタスクに取り組んでいくことで、着実にアウトプットが生成される仕組みとなっている。その結果、グループのディスカッションを反映させる形で、最終的なマーケティングプランとマーケティングコンテンツが完成する。

一連のプロセスを通じて、初めてマーケティングを学ぶ履修者も、顧客のニーズに基づく価値を提供して対価を得るというマーケティングの基本的な枠組みを体感的に理解できる。顧客ニーズの把握、市場機会の発見、セグメンテーション、ターゲッティング、ポジショニング、マーケティング・ミックス、顧客マネジメントなど、マーケティングのプロセスが立体的に見えてくる。あくまで“現場で実践できるマーケティングの力”を体得することを本科目のゴールとしたい。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on Tumblr