トップページ > 学科案内

ITソリューション学科の5つの特徴

  • カリキュラム

    01 21世紀にふさわしい経営×ITのカリキュラム

    いまや経営とITは不可分です。しかし日本の経営者の多くが経営はわかってもITは他人任せ、そしてIT技術者は経営に無関心というのが現状です。「ITがわかる経営者」もしくは「経営がわかるITのプロフェッショナル」となれば、実社会では強大な力を発揮できます。BBT大学では、ITを全学生の必須科目とし、ビジネスの現場で使われている先端のITの役割を理解していただきます。

  • 講師陣

    02 時代の第一線で活躍中の
講師陣から学ぶ。

    ITソリューション学科の講師陣は現場の第一線で今活躍中の経営者、技術者が中心になっています。平均年齢も若く、三十代前半の講師が居るのも特徴です。リアルタイムで動き続けるIT社会の今を直接知ることができます。

  • アウトプット

    03 アウトプットすることで本物の学びを得る事ができる。

    例えば、自分が思いついたビジネスアイデアを自分の力でWEBをたちあげて試し実践的に学ぶ。 自分で作ったアプリを売るためにマーケティングを学ぶ。など、机上の空論で終わらせず、常にアウトプットを通して体験的にビジネスを学んでいきます。

  • 英語力

    04 シリコンバレーの最先端に触れ現場で通用する英語力を磨く

    英語教育は4年間必須で特に力を入れています。本学で学ぶのは、国籍も文化も違う人たちから、「この人の言葉には説得力がある」「この人と仕事がしたい」と思わせられる、コミュニケーション力の高い英語です。大人になってからでも劇的に英語力が向上する、そのための講師・カリキュラムがBBT大学には揃っています。

  • 学科風景

    05 学生が積極的に学科を作り上げていく風土

    ITソリューション学科では学科主催のIT Future Sessionというトークイベントを定期的に開催。学生と講師、そして識者のゲストが直接リアルの場で対話し共に学ぶ場所を作り出しています。また、学生主催のイベントやウェブサイトも立ち上がり、より学生が主体的に活動する土壌ができつつあります。

学生一人ひとりのやりたいことを見つけ、実現をサポート「マイ・プロジェクト 学習」

学習風景

プロジェクト学習とは、知識のインプットにとどまらず、実践的な体験学習を通して実力を高める学習手法で、近年様々な大学で取り入れられています。本学ITソリューション学科では、「マイプロジェクト」(略してマイプロ)という教育手法に基づいて、学生一人ひとりの問題意識や学習テーマを教員が寄り添って深掘りし、その実現をサポートするプロジェクト学習を行っています。

これは、少人数制できめ細やかな指導が行えるITソリューション学科ならではの機会です。
学生はそれぞれ日常生活や社会・コミュニティに対して感じている問題意識や、後々始めたいビジネスの種になるようなテーマなどに基づいて、自らプロジェクトを作り、他の学生と共に切磋琢磨しながら学びを進めます。

これはオンライン版のゼミ(研究室)のようなものですが、従来型のゼミのような教員が与えるテーマに学生が従うだけのゼミとは全く違います。教員は教えるのではなく、やらせるのでもなく、学生の学習のフィールドを提供し、コーチングを通して学生のテーマ設定やプロジェクトの実施のサポートを長期間にわたり伴走します。

今取り組んでいるテーマには以下のようなものがあります。

・高校生・大学生向け教育のNPOへの
 ボランティア参加を通したキャリア教育の実施
・教育ビジネスの起業に向けた準備として、
 ソリューションの要件定義の再実施
・ITの本場シリコンバレーでのフィールドワークとサービス提案
・あらゆるプロジェクトに柔軟に対応できる進捗管理ツールの開発
・他のスマホアプリと連携するスケジュール管理Androidアプリの実装
・本格的なゲーム制作のプロジェクトマネジメントを体験

他の講義での学びを生かしながら、自身の将来のキャリアに結びつくような取り組みの第一歩を、プロジェクトとして自発的に行っている学生の姿か見られます。

入学に関するご案内

入学に関するご案内

出願手続きや入試といった入学までの流れ、
学費や奨学金、教育ローンなどのサポート制度、
募集スケジュール、
学習に必要な推奨環境などの気になる詳細を下記 
”入学のご案内”のページにて解説しています。

入学金、授業料、奨学金等はこちらをご覧ください 入学のご案内はこちら

BBT大学ITソリューション学科のビジョン

  • 教育理念

    教育理念が入ります

    例えば、自分が思いついたビジネスアイデアを自分の力でWEBをたちあげて試し実践的に学ぶ。 自分で作ったアプリを売るためにマーケティングを学ぶ。など、机上の空論で終わらせず、常にアウトップットを通して体験的にビジネスを学んでいきます。

  • 人材育成目標

    人材育成目標が入ります

    例えば、自分が思いついたビジネスアイデアを自分の力でWEBをたちあげて試し実践的に学ぶ。 自分で作ったアプリを売るためにマーケティングを学ぶ。など、机上の空論で終わらせず、常にアウトップットを通して体験的にビジネスを学んでいきます。

  • 教育課程

    教育課程が入ります

    例えば、自分が思いついたビジネスアイデアを自分の力でWEBをたちあげて試し実践的に学ぶ。 自分で作ったアプリを売るためにマーケティングを学ぶ。など、机上の空論で終わらせず、常にアウトップットを通して体験的にビジネスを学んでいきます。

入学案内はこちら ITソリューション学科 TOPへ戻る
pagetop